ホーム > FPS/TPS, PS3, XBOX360 > スプリンターセル コンヴィクション プレイ感想

スプリンターセル コンヴィクション プレイ感想

2010 年 5 月 3 日 コメントをどうぞ コメント

ゴールデンウィーク万歳!という事で、久々にたっぷりゲームを実施。ちょうどアマゾンから来ている「スプリンターセル コンヴィクション 特典 リファレンスガイド付き
」を早速プレイ!

「良く出来てるTPSだが新しさを感じない」

というのが率直感想であった。FPS好きなので、結果的にFPSの方が私の採点は甘い。しかし、「次世代アクションステルス」と歌う程の新しさは結局感じる事ができなかった。マーク&アクションは使用せず、スニークアクションもせず、単純に通常アクションシューティングのノリでハードモードをクリア出来ました。「スニークしなきゃクリアできねーよ」というものでは全くありませんね。そこは大いに良かった点で、最後まで楽しめた初めてのスプリンターセルシリーズです。そうです、そもそもスニークアクションは嫌いなんです。私。既に1300万本世界で出荷しているようですね。とにかくこのタイトル、なんとなくこういう分野が好きならそれなりに楽しめると思いますが、宣伝されている程に!新しい!という感覚は無く、アクション寄りのスニーク?といったしいて言えば新しいゲームバランスで、どういうプレイスタイルにも対応したチャレンジタイトルではあると思いますが、それぞれのタイプが好きなコアゲーマーは中途半端な印象になってしまうかもしれません。良くできた隙の無い作りではありますね。敵のAIも適度に攻めてくるし、適度にその場にとどまってくれます。感動品質ではなく、佳作品質で、工夫としては新しい要素がありますよ。という感じ。逆に言うと、安心してプレイしてください。みたいな。

むしろ、DSのドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
の方が現在期待しているかんじです。

少しPLAYしてみたんですが、今のところは微妙。^^)
もう少しプレイしてみます。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PS3, XBOX360 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。