ホーム > FPS/TPS, PS3, XBOX360, 未分類 > 25年前。ゴーストバスターズ、BANANA FISH、NY私立図書館

25年前。ゴーストバスターズ、BANANA FISH、NY私立図書館

2009 年 6 月 28 日

Ghostbusters ScreenshotSee More Ghostbusters Screenshot at IGN.com

ゴーストバスターズが公開されたのはなんと25年も昔。今、改めて見てみると25年の歳月を確かに感じるけれど、割合良く出来てるなと思う、なによりテーマ曲は今聞いてもなんとなく楽しい気分になるから堪らない。 そんな「ゴーストバスターズ」がなんとゲームになって登場ししかも海外で評判がすごい!

「これは、ゴーストバスターズ3だ」

だそうだ。 映画の最新作という位置づけでゲームを楽しめるのだと。第一作目、オープニングはニューヨーク市立図書館で始まる。このニューヨーク市立図書館は私の愛する「バナナフィッシュ」(吉田秋生。これまた25年ほど前の漫画)のエンディングの場面でもあるのだ。それで、ふと思い出してゴーストバスターズを見た後、バナナフィッシュを読み返してみた。すると、25年前に読んだ時は感じなかったが今読むと涙してしまう処が数か所出てきたので不思議だ。 この漫画は登場人物がみんな頭良くて驚かされる。
25年前はアッシュ(主人公)が敵側へ反撃に出る時の手際の良さ等がカッコイイ! 等あこがれで読んでいたが今はそれぞれの
登場人物の(特に敵側のボスの)心情が泣けてくるなぁ。と思わされる。これは、映画「ゴッドファーザー」でも、今見ると、ああこの人はこういう立場でこうなっちゃったんだ。この人なりに苦しんだんだ。などという方向性で見てしまう事になり見たり読んだりする視点が年齢により変化する事を実感する。良い作品はやはり、歳月に耐えて長く愛されるのだ。 ちなみに、ゲーム:ゴーストバスターズは、英語がわかれば楽しいと思う。かなり良く出来ていてファンなら必須かな。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PS3, XBOX360, 未分類 タグ:
コメントは受け付けていません。