アーカイブ

‘amazon EC2’ カテゴリーのアーカイブ

Android から Amazon EC2 へ (関係は無い)

2010 年 4 月 25 日 コメントはありません

そもそも、そもそもですよ、そもそも、「クラウド」とはFFの主人公ではなく、何なのか?

これを紐解く事で、今後の社会の行く末が見えてくる気さえする謎多き「クラウド・コンピューティング」これはまさに現代の産業革命なのか。と、いう事で、昨日のアンドロイド入手が1ヶ月後になっちゃうよ、というモチベーション低下をなんとか逃れるべく、アンドロイドのプログラミングしてみようという事から始まり、昨日の今日で既に興味がクラウドへシフト。勢い的にはアマゾンEC2とGoogleAppsを両方クリアしてやるぜ!今日中に!だ。

という事で早速書店へ(なぜ書店か?それは私が年寄りだから・・・)Amazon EC2/S3クラウド入門入門 Google App Engine for Javaという書籍を購入、まず、アマゾンだ。という事で、実際にアマゾンにアカウントを作成してみる・・・ん? なんと、WEBに電話番号を入力したら「数分以内に電話で折り返す」と書いてあるではないか!!

恐る恐る電話番号を入れてみる。と、クリックが終わるか終わらない間に電話がかかってきた!自動音声だ!(英語) そこで、WEBに表示されているPIN番号をダイアルプッシュしたら、無事手続きが続行された。 しかし、ビビッタ。以前、アカウントだけ作って放置しておいたからかもしれないのでこれからのヒトの参考にはならないかもしれないけど、私がビビッタのでご報告。

書籍の通り進めると、X.509がなんちゃら。と出てきますが書籍にあるリンクではなく、今はSecurity Credentialsというリンクで作成するようす。さらに、FireFoxのプラグインElasticfoxを導入しアカウント設定することしばし、意味不明なマニフェスト達がズラリと並んでいるではあ~りませんか。※※※※※ここで悩む事3時間※※※※※※※結局、本を無視してアマゾンデフォルトのマネジメントコンソールからインスタンス=AMI=Amazon Machine Image=僕の作ろうとしている仮想マシン。であるとの仮説のもと、アマゾンさんオススメのFedraCoreのLAMPという奴でマシンを起動!えい! とやると、しばらくすると「初めてのアマゾンEC2」マシンが起動してきました。めでたし。 えらい簡単に書かれていますが、本選びから加えるとざっと5時間もかかっております。

そして、一応無事にマシンが起動したのですが。。。起動後のWEBイメージは何のコとぁないPHPの動いてますよ報告画面でした。ちょっと力尽きた感があるので一旦ここまで。 GoogleのAppEngineというのも試してみたいのだけれど、もぅそれは脳みそがとろけます。この後、SSL設定やとりあえずFTPでWEB内容のアップ等をして、おおよその使用感を掴んでみようと思います。

気になるお値段ですが・・・$0.085 per hourらしいので(構成などでかなり変動)1ヶ月で63ドルですか。 決して安くは無いですね。S3ストレージの方は、
$0.150 per GB / Month$0.01 per 1,000 Requests
・・・。うーん。10Gで1.5ドル。リクエスト1000コにつき0.01ドル。転送量も多いと課金される。料金体系が複雑だ。
ちなみに、S3fox OrganizerというFireFoxプラグインを利用する時は、プライベートブラウジングにしないと動かない。これに気付くのに2時間たっぷりかかりました。症状としては、一瞬S3画面が出るんだけど、すぐにHomeに戻ってしまうのです。初めてのことには時間がかかり、つまらぬ所でつまずくもんです。はぃ

Retweet
カテゴリー: amazon EC2 タグ: