アーカイブ

‘PC game’ カテゴリーのアーカイブ

ポルコン。 その稼働までの長い道のり。 輸入編

2010 年 3 月 28 日 コメントはありません

日本で販売されておらず、「転送屋」なる存在を知り、マニア魂をフルモチベートの結果、昨年末に「えいぃっ!」と発注。

転送屋というのは、海外(アメリカ)国内でしか販売せず、国内配送しかしていない商品を代わりに受け取り、日本の住所に転送してくれるサービス。

転送やさん、割合としっかり対応してくれて、「書類に4小口と書いてあります。荷物3個口で届きました、もう一つ待ちますか?」 と連絡してきた。 その連絡に既にパニック! え?なになに?全部一発で来るんじゃないの?しかも一つ足りない??全くわかんない。という事で「待たなくていい、3個を一つにまとめて送ってくれ」 と依頼。 (やりとりすべて日本語)どうなっても良いや!とにかく到着を待とう! というかなり安直なやっつけ路線で、発注の時のハイテンションはどこへやら、、なんだか意気消沈しつつ到着を待っておりましたところ、2週間ほどして「遂に到着!」どでかい荷物が配達されてきました。

あんなに?

待ち焦がれていたはずのハンドルコントローラー。 日常に埋もれ、1週間程は部屋の片隅に放置、仕事で疲れた体を鞭打って大きな荷物にとりかかれなかった(歳なのか!?)

で、

土曜日にようやく開梱、確かに、3個の段ボールにわかれる。これでパーツ不足で動かんとなったら、FANANTECへクレームか、面倒だな。と思いつつチェックしてみると、ん?

個別に手のひらサイズの段ボールが??なんだ?

そう、4小口というその4個目の梱包、メーカーからしたら、確かに4個になるその正体は「ドングル」でした(苦笑)PS3/PCで利用する際に、ワイヤレスでこいつがあれば接続可能なUSB、車のキーをイメージしたドングル。これが段ボールの中にぽいっと放り込まれてたんですね。だから、見かけは3個口、書類は四個口。

めでたく、部品不足ではない。という事が判明!

よっしゃー。 今あるXBOX純正ハンドルコントローラーを「ヤフオク出品代行」で処理するつもりで丁寧に取り外し、新たに夢のコントローラーを取り付けるZO!

最初の感動

ペダル!

この重量感、この冷たいアルミニウムの感触、ハードなバネ、確かにクラッチペダルもある3つ。六角レンチで調整可能な「踏み心地調整」や「ペダルの位置も変えれちゃう」、ABSを感じれるフォースフィードバック付きブレーキペダル。 なんだこの説得力! この喜び!

最初の失望

シフター!

G25ハンドルコントローラーも持っていた私。(あぁ、マニアですとも)明らかに、G25のシフトは高級感溢れ、説得力のあるものだった。が、しかし・・・・。 この「やっつけ仕事レベルのモチベーションを下げまくるおもちゃ感まるだしのシフト」 あぁ、、しかも、このシフト、取り付けをハンドルに串刺しにした2本のパイプで固定するようだ・・。あぁ、最悪。 開梱して最初の失望。

開梱するだけで大変。 設置編を待て!

Retweet
カテゴリー: PC game, PS3, XBOX360, シミュレータ, レーシング タグ:

ポルコン 欲しい (フォルツァ3)

2009 年 11 月 8 日 コメントはありません


限定販売で日本には送ってくれないという最悪シチュエーション。購入するには転送サービスと併用せねばならずしかも5万程度の費用がかかる。

しかし、映像みると一生もの(?) 昔夢見たPC PS3 Xboxの3機種対応でクラッチ付きの夢の機能なのだ。 ポルコン=ポルシェ ハンドルコントローラ

Retweet

PROTOTYPE  ダークヒーローはJoJoのカーズを思い起こさせる。

2009 年 7 月 11 日 コメント 1 件

Prototype ScreenshotSee More Prototype Screenshot at IGN.com

Prototype というゲームがあります。 賛否両論のようです。面白い! 最低!。 などなど。  このゲームは、仮想都市ニューヨークをダークヒーローな主人公がビルの壁を駆け上がり、空高くジャンプし、体を変形させ敵をなぎ倒す。 しかしこの「敵を倒す」 以外のビル駆け上り、ジャンプをモンスターの能力を持って颯爽とニューヨークを駆け巡る「だけ」で十分気持ち良いんです。 ミラーズエッジ というゲームも街を駆け抜けるだけで気持ち良い。そんなゲームです。 ミラーズエッジはそれだけですが、このprototypeは格闘アクションの要素も満載で、戦車やヘリを乗っ取る事も出来る。 圧倒的な強さを持つ主人公になり、ニューヨークの街を駆け抜ける。 why not?

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game, PS3, XBOX360, 仮想世界 タグ:

Crysis 今PLAYしても美しいグラフィックに脱帽

2009 年 5 月 19 日 Comments off

美しすぎる南の島。散歩するだけで良い。Crysis 日本語版2007年の作品ですが、今PLAYしても美しいグラフィックは感動ものです。ぜひ、左の画像をクリックして大きくしてみてください。この画像でも、WEB用に色数を落としているので、画面キャプチャしたままの画像はまるで写真のようです。2年前に登場して、DirectX10対応でグラフィックを売りにしたタイトルだっただけあります。ちなみに、PCのスペックもかなり高いものでないと最高グラフィック設定で動きませんね。ゲーム性もなかなか工夫されていて、敵の真っ只中に突撃すると瞬殺されます。Game for WindowsなのでXBOXコントローラを差すとすぐ使えます。そういう意味では、ミラーズエッジ
もDirectX10対応およびPhysX完全対応ということでPC版の購入も検討中。南の島に永住したい私としては、せめてバーチャルで散策など楽しもうと・・・散策してると敵に撃たれますが・・。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game タグ: ,

xblades なんとも王道なゲーム構成は・・

2009 年 4 月 25 日 コメントはありません

xblades-2009-04-25-13-30-02-19GAIJIN ENTERTAINMENTという海外のデベロッパー開発。とは思えないほどジャパニメーション テイスト満載(一昔前の) なんとも・・。これは売れるのかどうか微妙じゃないかな? トゥームレイダースの方が・・という風に思ったり。 好みの問題で、この系統はどちらにせよパスなんですが、開発会社の名前が気になったので掲載してみました。スクリーンショットをお楽しみください。

 

xblades-2009-04-25-13-30-08-42

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game, XBOX360 タグ:

TomClancys HAWX Demo (PC)

2009 年 4 月 25 日 コメントはありません

hawx-2009-04-25-13-17-13-56

 

 

アーケードゲーム風が好きな人にはおすすめ。シミュレータ寄りの人(わたし)にはNG。シンプルな好みの問題ですね。

Retweet

F.E.A.R. 2 project origin 到着!

2009 年 2 月 28 日 コメントはありません

 

フィアーの続編FEAR 2がついに来ました。同じXBOX360かと思うほどにグラフィックスが良くなっています。 が、最新のFPSから比べると凄い!というほどではないところがフィアーらしいw
やはり、今回は壁から頭だけ出すアクションは無くなっています。また、ゲーム開始直後では
このゲームの売りであるSLO MO (スローモーションになる能力?)は使えないのでご注意を。進めるとすぐ使えるようになります。
今回は建物の中でも複数のルートになっていて回り込み、回り込まれというのが前作より強力となって純粋にサバイバルゲームのようなFPSが楽しめます。正当進化系で、不要な進化をしていないので、前作のフィアー・ファンは安心してどうぞ。それだけに何か新しいモノ。を求めると少しだけ不満?かもしれませんが、そこはパワースーツを着て敵をなぎ倒すまでの我慢。 難易度ノーマルでやると序盤は少し物足りない位に敵が引き気味な攻撃しかしてきませんし、回復アイテムがあちこちにあるので初心者も安心かもしれません。SLO-MOのエフェクトがかっこよくなっていますね。あと、酔っ払ってやるとすぐに3次元酔いしますw
英語版しかないのでストーリーがほぼ不明(苦笑)ですが、賢い敵との戦闘はやはり楽しいです。まだ序盤ほんの少しですが安心感のある作品で、あまり知られていない良作だと思います。amazonでも安い価格帯で買えるのでぜひおためしあれ。 しかし、RACE PROはamazonで買えない様子。この差はなんなんでしょぅ? ちなみに私はplay-asia(右のリンク)で買いました。
このゲームの開発者インタビューで気に入っている処は「敵のAI(人工知能)は、決まった行動をするのではなく、環境と刺激によって行動する」という部分で、プレイヤーの行動が敵AIの行動を決定づける。という部分です。日本のホラーに影響されたという味付けと共に秀作FPSになっていると思います。

 

で、前作
F.E.A.R. files
と比べてみました。グラフィックは多少良くなった?程度でした。敵AIの感じはやはり前作の方がアグレッシブに攻めてきます。これは、もしや今回の作品が私の行動を読んで、あえてアグレッシブに攻めてこないからかもしれません。前作では私は扉の奥に隠れて、敵がとりあえず突っ込んでくるのを狙い撃ち。という戦法を多用していましたが今回はそれが通用しないようです。 XBOXコントローラーの利用方法(ボタン配置)が変わっており連続でプレイすると混乱しますがこういった遊び方に直結する部分も変更されており、色々と開発陣は苦労したのかな。と感じさせられます。しかし遊ぶ側では前作の最新版以外の何物でもない感覚で安心して恐怖を味わえます。 FPSで最近思うのですが、開発陣とプレイヤーの勝負みたいなもんですね。シングルプレイ(ネットワークで友人とやるのではなく、一人でプレイする)の場合はコンピュータAIと戦うわけですが、このAIが賢く、ゲームバランスが適切(敵の弾丸だけ100%正確に命中するとか、武器が強すぎる、弱すぎる‥)、そして「やられた時の納得感」がゲーマーに重要な点になっている気がします。フィアーはこのあたり優れています。(お化けが出てくる時はX.) 最近Demon’s Souls(デモンズソウル)
でも全く同じ事が言えるのではないでしょうか。 こちらは敵の行動は割合単調ですが、それでも種類によってきちんと個別に特徴ある動きで攻撃してきます。 王道なFPSやRPGゲームはストーリー性とこのあたりの納得感が大切なのかもしれませんね。
ちなみに、相変わらず夜中に一人で遊んでいると「ビクッ!」っとする場面が良くあるのがフィアーです。年取って心臓悪くなったらプレイ出来ないかもしれません。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game, PS3, XBOX360 タグ:

FEAR PERSEUS MANDATE (旧作)レビュー

2009 年 2 月 2 日 コメント 1 件

fearxp2-2009-02-02-01-03-35-65F.E.A.R. PERSEUS MANDATE の画像です。

やっぱり酷いグラフィック(笑)、今気づいたんですが、最新作では、壁に隠れて顔だけひょこっと出すというアクションが無くなっています。まだ、DEMO版だしわかりませんが無くなっているとしたら悲しいところ。ほんとに、今見るとXBOXのゲームのようです。360じゃなくって。それほど酷いですね。特にPERSEUS MANDATEの方は。 それでも以前書いたように、敵AIの動きが良いですね。

このゲームは、ドアの向こうに敵が居るとして、こちらが仕掛けるまでは気付かないのですが、仕掛けてドアの影に引っ込むと、グレネードを投げてくる、もしくは「様子見てこい」「イエッサー」とばかりにこちらにドアを超えて様子見に来るんですね。他のゲームだと、ドアの陰に隠れてると敵もその場で動かなくなり、お互い動かない状態になってしまうゲームが多いんです。酷いゲームなんて、同じ場所で戦闘してると敵の数は無制限に「湧いて」来たり、ある特定の位置までいかないと次のアクションが起きないなんてものがあり、しかもそれが多いんですが、このゲームのいいところはそういう「敵が無限にわいてくるシステム」ではなくて、こちらがじっと敵が来るのを待って、ドアから出てきた処を狙い撃とうという事ができちゃうところ。そればっかりやってるとグレネードを投げられて逆にこちらが負けるとか、複数でドアから抜けてきて、一人目は仕留められても次の敵とは正面戦闘になってしまったりするところ。そういうゲーム性がほかにないんですね。

しいていえば、HALF LIFE2 が同様のゲームにあたりますね~。FEAR2.楽しみに待とうっと!

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game, XBOX360 タグ:

F.E.A.R.2 project origin 体験版レビュー (PC)

2009 年 1 月 31 日 コメントはありません
PC版DEMOのキャプチャです

PC版DEMOのキャプチャです

画像が暗くてスイマッセン。

F.E.A.R.2 project originのPC版デモ画面です。

PCデモをやってみた感想としては、前作の正当進化版だな。という所です。前作同様、敵はアグレッシブに回り込んできますが、ステージの幅が大きく広がっています。 前作ではビル内の戦闘が主で、遮蔽物および通路が割と決まっていて「回り込む」といっても、ここからしかない。といった狭い範囲でしたが、今作はドア、窓などが多くあり、空間的広がりが大きくなった分、まわりこんだり隠れたりといった要素がより幅広く展開できるようになっています。これは嬉しい進化ですね。 

 

グラフィックスも美しくなっています。 開発元も、AIの賢さに力を入れているらしく、連携や爆発物の利用、こちらの戦法への対応を行い、教育されていくので同じ動き方はしない。といっています。 また、「貫通力」要素が入り、ショットガンは生身の人間には威力を発揮しますが、アーマーを着込んだ兵士(ロボット?)には威力が発揮できないように、それぞれの武器により特色を持たせる事としたようです。 個人的には、「ホラーの要素」は不要なんですが・・。ホラー要素もしっかり入っているようです。

それにしても、FPSの正統進化。AIの賢さと戦術の広さを持つこのゲーム、なぜ日本で発売されないのかは全くわかりませんが、今はなんとアマゾンでも輸入盤として予約できるようです(ちょっと高い) ゲームなんて一度やったらおしまい。という中で、旧作のF.E.A.R. files は今でも手元において時々プレイしている程の良作です。 好みが分かれるとは思いますが、一度チェックしてみては?

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game, PS3, XBOX360 タグ:

F.E.A.R. 2 is coming !

2009 年 1 月 30 日 コメントはありません

F.E.A.R というFPSは日本では発売されておらず、海外版を入手せざるを得ないゲームで、しかもB級の香りぷんぷん。 しかし私はF.E.A.R.(フィアー)のトリコ。

初代フィアーはグラフィックがものすごく「しょぼぃ」ゲームで泣きそうなくらい旧世代グラフィックス。しかし、にも関わらず「圧倒的に面白い!」ゲームなんです。

それは、このゲームがホラー色豊かで恐怖心を煽るからではなく、ゴア表現とよばれる、人間の四肢が銃撃などによって吹っ飛ぶからでもありません。

「敵が心地よく手ごわい!」 

からです。 こちらは基本的に一人で敵に立ち向かうのですが、敵は遮蔽物を利用してこちらに近づき攻撃してきます。その際に敵の一人は正面から、もう一人は側面に回ろうとしてきます。また、じっとしてると手りゅう弾を的確に放り投げてきたりします。基本的にアグレッシブに攻めてきますので他のゲームとは一線を画すと言っていいほど、プレイが面白い敵のAI(人工知能)の出来栄え。これに尽きます!

この魅力たるやFPSの原点! レーシングゲームでいうところの「挙動」のようなものでマニアな私にはたまらない魅力。その最新作がもうすぐリリースされるのでこれは久々に予約注文をしてしまうほど!PC/PS3/XBOX360 で発売が2月10日。海外発注なんでおそらく2月後半に手元に届くハヅ!

上のムービーはお遊びです。誰かしらないけど・・・

このフィアーというゲーム、ホラー要素が強く、結構「怖い」ゲームなんですが、そんな恐怖に対するサービスを始めますという(たぶん嘘)お遊びビデオです。なんとなくいい感じなので引用させていただきました。♪

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game, PS3, XBOX360 タグ: