アーカイブ

‘PS3’ カテゴリーのアーカイブ

GT5 我慢の末に見えてくるかも?楽しさが。

2010 年 12 月 26 日 コメントはありません

グランツーリスモ5、そのインストールからハンドルコントローラの設定まで、苦悩と我慢の時間を超え、ニュル北はグランツリスモTVとやらのニュル前篇、後編を見れば普通に走れるようになった現在、遊んでいて感じているのは、「フォルツァよりも車を運転している感覚に近いんじゃないかな?」というハンドル感覚。フォルツァの方がタイヤが限界を超えた後の挙動に説得力があるな、という部分は依然強いのだけれど、タイヤが限界を超えない部分でのハンドルでの「操縦感覚」はGTの方がなじむ。タイヤが限界超えた後の挙動にしても、正直自分でそんな運転実際にしたことないわけで、どちらが正しいか分からないのだが、GT5は待たせただけあるんじゃないか?と感じている。天候変動、時間変動の要素、ラリーがあったり、24時間耐久があったり、別コーナーでニュースやテレビコンテンツが楽しめたりと、総合力でフォルツァに優っている気がしてくるのだから不思議。フォルツァにはしかし、シンプルさと、挙動全体の説得力と、なにより、我慢が要らない=車はすぐに全車種乗れるとかね。ゲーム性は素晴らしい。

マルチスクリーン、出来るのだろうか?

Retweet
カテゴリー: PS3, シミュレータ, レーシング タグ:

GT5をポルコンで遊ぶ。長い道のり。FM3がやっぱりイイ!

2010 年 12 月 23 日 コメントはありません

Gran Turismo 5 ScreenshotSee More Gran Turismo 5 Screenshot at IGN.com

GT5 ファーストインプレッション

「とにかく僕は走ってみたいだけなんだ」そう、叫びつつ準備に1時間。
中古市場があるのに、新品ディーラーに最初に行って「車無いじゃん」とつぶやきつつ
とにかく選んで走り出すと、ポルコン(ポルシェハンドルコントローラー)が認識せず
アクセルブレーキ反応なし。ポルコン説明書を英語ダウンロードし悪戦苦闘も結局PS3を
再起動したら何やら「アップデート」が開始。GT5がアップデートされる。ただ、30分必要。
GT5をPS3に取込するのに、ディスクから50分、アップグレードがネットから30分。
「とにかく、ニュル北を走ってみたいだけなの。」

何でもいいの。ともう半べそかきながらインストール。 で、ニュル北が無い!おぉぅい!無い!

って事で仕方なくアーケードモードではなくASPECの方へ・・・。レース開始。とりあえず走れた。
しかし、レビューもくそも、ただ、わしゃぁ走ってみたいだけなんだ。それなのに
このハードルの高さは何だ? マゾ専用?とつぶやき初日はもう根負け。ニュル北の
姿は見られずだった・・・。しかも、ポルコン(Fanantecのポルシェハンドルコントローラ。)で遊ぶと、アクセルオンでハンドルが「ブルブルブル」。一瞬、速度によるハンドルのビビリを再現か?と思ったがとにかくアクセルオンでブルブルブル。なので全く違う。単に振動しとるだけ。と判明。うざった過ぎる為にもはや放置に。

気を取り直し、WEBで情報探す・・・。

・ニュル北は、なにやらイベントクリアしないと走れない。

・ポルコンはファームウエアアップデートが必要。

どこまで? どこまでハードル高いゲームなん? どこまで?・・・。という事で、ポルシェコントローラ(ポルコン)のファームをまずアップする。こちらはサイトに行ってダウンロードして。と順調。しかし! アップ後にHシフター(6速MTのシフト)が認識しなくなった!・・慌てる事30分、結局マニュアルに掲載されている通りにセットアップしたらOKだった。 ペダルのファームもついでにアップ。常にブレーキが少し踏まれている状態で認識されていたのを直す。直ったのかどうか微妙だが。さらにドングル無線もファームをアップ。 すると、 晴れて「アクセルオンでハンドルがぶるぶる震える。」という障害(?)は解消された。

あとは、ニュルを目指しスペシャルイベントへ。気が遠くなりそう。・・・ !

え、レベル6でないとイベント受けれないの?一瞬気を失いつつ、レベル6まで修行。やっとニュルイベント。とりあえず、クリアと思いきや、次のレベルでないとニュルが自由に走れない。次のレベル? そう、レベル12.。。

「とにかく、ニュル北を走りたいだけなの!」 叫ばずに居られない。

結局、フォルツァモータースポーツ3でニュルを走ってこの日は終了だ。

GT5をレビューするとしたら、「ハードル高!シンプルに走りたいだけ!のユーザはお断りかぃ!」

車の挙動やグラフィックがどう、というレベルまで遊べていない。目を潤ませ、魂を削りながら単にセットアップしているわたしであった。。。(怒)

Retweet

スプリンターセル コンヴィクション プレイ感想

2010 年 5 月 3 日 コメントはありません

ゴールデンウィーク万歳!という事で、久々にたっぷりゲームを実施。ちょうどアマゾンから来ている「スプリンターセル コンヴィクション 特典 リファレンスガイド付き
」を早速プレイ!

「良く出来てるTPSだが新しさを感じない」

というのが率直感想であった。FPS好きなので、結果的にFPSの方が私の採点は甘い。しかし、「次世代アクションステルス」と歌う程の新しさは結局感じる事ができなかった。マーク&アクションは使用せず、スニークアクションもせず、単純に通常アクションシューティングのノリでハードモードをクリア出来ました。「スニークしなきゃクリアできねーよ」というものでは全くありませんね。そこは大いに良かった点で、最後まで楽しめた初めてのスプリンターセルシリーズです。そうです、そもそもスニークアクションは嫌いなんです。私。既に1300万本世界で出荷しているようですね。とにかくこのタイトル、なんとなくこういう分野が好きならそれなりに楽しめると思いますが、宣伝されている程に!新しい!という感覚は無く、アクション寄りのスニーク?といったしいて言えば新しいゲームバランスで、どういうプレイスタイルにも対応したチャレンジタイトルではあると思いますが、それぞれのタイプが好きなコアゲーマーは中途半端な印象になってしまうかもしれません。良くできた隙の無い作りではありますね。敵のAIも適度に攻めてくるし、適度にその場にとどまってくれます。感動品質ではなく、佳作品質で、工夫としては新しい要素がありますよ。という感じ。逆に言うと、安心してプレイしてください。みたいな。

むしろ、DSのドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2
の方が現在期待しているかんじです。

少しPLAYしてみたんですが、今のところは微妙。^^)
もう少しプレイしてみます。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PS3, XBOX360 タグ:

ポルコン。 その稼働までの長い道のり。 輸入編

2010 年 3 月 28 日 コメントはありません

日本で販売されておらず、「転送屋」なる存在を知り、マニア魂をフルモチベートの結果、昨年末に「えいぃっ!」と発注。

転送屋というのは、海外(アメリカ)国内でしか販売せず、国内配送しかしていない商品を代わりに受け取り、日本の住所に転送してくれるサービス。

転送やさん、割合としっかり対応してくれて、「書類に4小口と書いてあります。荷物3個口で届きました、もう一つ待ちますか?」 と連絡してきた。 その連絡に既にパニック! え?なになに?全部一発で来るんじゃないの?しかも一つ足りない??全くわかんない。という事で「待たなくていい、3個を一つにまとめて送ってくれ」 と依頼。 (やりとりすべて日本語)どうなっても良いや!とにかく到着を待とう! というかなり安直なやっつけ路線で、発注の時のハイテンションはどこへやら、、なんだか意気消沈しつつ到着を待っておりましたところ、2週間ほどして「遂に到着!」どでかい荷物が配達されてきました。

あんなに?

待ち焦がれていたはずのハンドルコントローラー。 日常に埋もれ、1週間程は部屋の片隅に放置、仕事で疲れた体を鞭打って大きな荷物にとりかかれなかった(歳なのか!?)

で、

土曜日にようやく開梱、確かに、3個の段ボールにわかれる。これでパーツ不足で動かんとなったら、FANANTECへクレームか、面倒だな。と思いつつチェックしてみると、ん?

個別に手のひらサイズの段ボールが??なんだ?

そう、4小口というその4個目の梱包、メーカーからしたら、確かに4個になるその正体は「ドングル」でした(苦笑)PS3/PCで利用する際に、ワイヤレスでこいつがあれば接続可能なUSB、車のキーをイメージしたドングル。これが段ボールの中にぽいっと放り込まれてたんですね。だから、見かけは3個口、書類は四個口。

めでたく、部品不足ではない。という事が判明!

よっしゃー。 今あるXBOX純正ハンドルコントローラーを「ヤフオク出品代行」で処理するつもりで丁寧に取り外し、新たに夢のコントローラーを取り付けるZO!

最初の感動

ペダル!

この重量感、この冷たいアルミニウムの感触、ハードなバネ、確かにクラッチペダルもある3つ。六角レンチで調整可能な「踏み心地調整」や「ペダルの位置も変えれちゃう」、ABSを感じれるフォースフィードバック付きブレーキペダル。 なんだこの説得力! この喜び!

最初の失望

シフター!

G25ハンドルコントローラーも持っていた私。(あぁ、マニアですとも)明らかに、G25のシフトは高級感溢れ、説得力のあるものだった。が、しかし・・・・。 この「やっつけ仕事レベルのモチベーションを下げまくるおもちゃ感まるだしのシフト」 あぁ、、しかも、このシフト、取り付けをハンドルに串刺しにした2本のパイプで固定するようだ・・。あぁ、最悪。 開梱して最初の失望。

開梱するだけで大変。 設置編を待て!

Retweet
カテゴリー: PC game, PS3, XBOX360, シミュレータ, レーシング タグ:

アサシンクリード2 レビュー 日本語音声って、やっぱりイイネ!(英語勉強足らず!)

2009 年 12 月 6 日 コメントはありません
どこか、Prototypeを思い起こさせる。

どこか、Prototypeを思い起こさせる。

旧作、アサシンクリードは、率直な所、「最初はちょっとハマッタ。けど、ものの30分で同じ作業の繰り返しだと判って興ざめた。」という、「予約してまで購入するのは躊躇われる作品」 だったんで、今こうやってレビュー出来ているのは奇跡。なんとなく予約しちゃってた・・(苦笑)その割に、大好き作品の「Call of Duty」や、最悪!PS3を購入したがために追加コンテンツゼロの名作(いや、最高、神ゲー)「FALLOUT3]の全分入りパック。これらの名作を予約せず、なぜ?アサシンクリード2を予約してしまっていた・・・。虫の知らせか?

でも、正月は去年と同じ「fallout3三昧」でも良いかも(ふふ)

ところで、この作品はいわゆるTPSとして唯一私が好きなジャンル「箱庭を自由に飛び回るぜ!」系の作品。GTA4やPrototypeと同じ系列の作品なのだが、違うのが「操作性と爽快感の乏しさ」と、「暗殺が決まったら爽快」だけど、「操作性が悪く、自分の能力じゃなく、入力系が悪いからあかんねん!」と突っ込みたくなるもどかしい動きと、「ダーク感」。 主人公は暗殺者だから人混みに紛れて行動したり屋根を走り抜けたりする感覚。 それと、「刀、ナイフ」な古き良きまったり戦闘(ほとんど、「カウンター」を狙うので相手の動きを待つ動作になる。だからなんか戦闘が「ゆったり~」です。 前作と今作、ほとんど変わってない! グラフィックの良さも変わってないので感動品質までは行ってないし、作業感覚満載の戦闘も変わらず。想うとおりに主人公が飛び回ってくれず、屋根から何度も落ちる感覚も変わらず!ほとんど前作と変わっていないYO.と。 そんな感じですが、何かが違う?! なぜかやりコンでしまう? それは? 「日本語のせい?」か?

今回は英語+字幕、日本語など選べるので、日本語を選んでプレイすると、街の人の会話がすごく良く判る。警備兵を暗殺して放置しとくと、「こんなトコで命を落とすなんで・・」とか、色々それを見て街の人がしゃべってるんです。 なんか、悪い事したなぁ・なんて想いながら現場を後にするハメに。 それと、今回は少しだけ街に投資してそれを回収できるシステムがついているので定期収入が得られます。そうそう、お金の概念も入って、ミッション完了後に報酬が入り、それで装備を増やすシステムにもなっています。又、戦闘というより、パズルを解く感覚で3次元仮想空間の中で、天井近くに入り口がある秘密の部屋に、どういうルートでたどり着けば良い?といったイライラしつつ辞められないプレイ感があります。 1作目の「作業だけを単調に繰り返すゲーム」の部分が「会話やパズル、街の成長を楽しみつつ、ストーリーも(日本語なんで判りやすい)楽しみつつ、なぜかレオナルドダビンチが友人で、武器作ってくれるのですが、そのナイスセンスさも楽しみつついつしかはまっている。 結構楽しめています。予約してて良かったな。と。

多少、万人受けっていうゲームではないかも知れませんが、結構海外では売れてるらしいし、ルネッサンス期のイタリアの町並みを楽しみつつまったりプレイするには良いと想います。 おすすめ。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PS3, XBOX360, 仮想世界 タグ:

ポルコン 欲しい (フォルツァ3)

2009 年 11 月 8 日 コメントはありません


限定販売で日本には送ってくれないという最悪シチュエーション。購入するには転送サービスと併用せねばならずしかも5万程度の費用がかかる。

しかし、映像みると一生もの(?) 昔夢見たPC PS3 Xboxの3機種対応でクラッチ付きの夢の機能なのだ。 ポルコン=ポルシェ ハンドルコントローラ

Retweet

嫌いなゲームジャンル! ベヨネッタ BAYONETTA

2009 年 10 月 22 日 コメントはありません

bayo_bust_upつまりこれは、デビルメイクライなんかと同じジャンルの、わんさか敵が出てきてなぎ倒していくという、無双系に近いアクションゲームで3人称視点で「技のコンボを決めまくれ!」「ボタンを押しまくれ!」系の若者達御用達。わしのようなご年配のゲーマーには縁遠い作品。

のはずだった・・・・。

デモ版を無料でダウンロードしてちょこっとプレイしてみると「ベヨネッタ」の魅力たるや嫌いで苦手なゲームジャンルなのにかかわらず「アマゾンでポチ」をしてしまった。唯一の欠点が視点方向を変えるキー操作が通常のFPSと逆である点だけだ。

01

このスクリーンショット! ベヨネッタの世界観とグラフィックの幻想的な美しさと遊んだときの爽快感、ベヨネッタという名前の魔女が大天使たちをなぎ倒していくというダーク感覚、もしかすると私はダークなヒーロー(ヒロイン)が大好きなのかもしれない。漫画のベルセルクに非常に近い感じがする。
主人公ベヨネッタのキャラクターも綺麗なお姉さんが大好きな私にはたまらないけれど、それにも増して敵である「天使」達の魅力が半端じゃぁない。イチイチ美しい敵を美しい魔女がなぎ倒す。その美しさだけで大満足。そういえば、開発陣はデビルメイクライを作っていた人が多いらしい。(本当かなぁ?)また、無意味と思えるベヨネッタの周りにヒラヒラ効果の蝶が舞うとか、花びらが飛び散るとか、敵のロックはキスマークだとか、っといういやらしい演出もなぜか許せてしまう。もう、好きになったらあばたもえくぼ。状態。

ちなみに、ブログに使える画像(いわゆるFANSITEKIT)は、フラッシュ版の公式サイトを見ないとたどりつけません。面倒だ・・・。
美しい魔女の活躍は今月末発売を待つべし。アマゾンであなたも「ポチ」
BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN’S SELECTION」付き

Retweet
カテゴリー: PS3, XBOX360 タグ:

PROTOTYPE  ダークヒーローはJoJoのカーズを思い起こさせる。

2009 年 7 月 11 日 コメント 1 件

Prototype ScreenshotSee More Prototype Screenshot at IGN.com

Prototype というゲームがあります。 賛否両論のようです。面白い! 最低!。 などなど。  このゲームは、仮想都市ニューヨークをダークヒーローな主人公がビルの壁を駆け上がり、空高くジャンプし、体を変形させ敵をなぎ倒す。 しかしこの「敵を倒す」 以外のビル駆け上り、ジャンプをモンスターの能力を持って颯爽とニューヨークを駆け巡る「だけ」で十分気持ち良いんです。 ミラーズエッジ というゲームも街を駆け抜けるだけで気持ち良い。そんなゲームです。 ミラーズエッジはそれだけですが、このprototypeは格闘アクションの要素も満載で、戦車やヘリを乗っ取る事も出来る。 圧倒的な強さを持つ主人公になり、ニューヨークの街を駆け抜ける。 why not?

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PC game, PS3, XBOX360, 仮想世界 タグ:

25年前。ゴーストバスターズ、BANANA FISH、NY私立図書館

2009 年 6 月 28 日 Comments off

Ghostbusters ScreenshotSee More Ghostbusters Screenshot at IGN.com

ゴーストバスターズが公開されたのはなんと25年も昔。今、改めて見てみると25年の歳月を確かに感じるけれど、割合良く出来てるなと思う、なによりテーマ曲は今聞いてもなんとなく楽しい気分になるから堪らない。 そんな「ゴーストバスターズ」がなんとゲームになって登場ししかも海外で評判がすごい!

「これは、ゴーストバスターズ3だ」

だそうだ。 映画の最新作という位置づけでゲームを楽しめるのだと。第一作目、オープニングはニューヨーク市立図書館で始まる。このニューヨーク市立図書館は私の愛する「バナナフィッシュ」(吉田秋生。これまた25年ほど前の漫画)のエンディングの場面でもあるのだ。それで、ふと思い出してゴーストバスターズを見た後、バナナフィッシュを読み返してみた。すると、25年前に読んだ時は感じなかったが今読むと涙してしまう処が数か所出てきたので不思議だ。 この漫画は登場人物がみんな頭良くて驚かされる。
25年前はアッシュ(主人公)が敵側へ反撃に出る時の手際の良さ等がカッコイイ! 等あこがれで読んでいたが今はそれぞれの
登場人物の(特に敵側のボスの)心情が泣けてくるなぁ。と思わされる。これは、映画「ゴッドファーザー」でも、今見ると、ああこの人はこういう立場でこうなっちゃったんだ。この人なりに苦しんだんだ。などという方向性で見てしまう事になり見たり読んだりする視点が年齢により変化する事を実感する。良い作品はやはり、歳月に耐えて長く愛されるのだ。 ちなみに、ゲーム:ゴーストバスターズは、英語がわかれば楽しいと思う。かなり良く出来ていてファンなら必須かな。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PS3, XBOX360, 未分類 タグ:

F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN 日本語版が夏発売!されない?

2009 年 5 月 19 日 Comments off

 

私の大好物のFPSの名作。F.E.A.R.  敵のAIが秀逸で戦闘が楽しい! その2作目が、海外ではとっくに出ていたのですが今年の夏に日本でも販売されるようです。

本作は、結構血なまぐさい表現があるので、1作目は日本未発売でしたが1作目はなぜか発売されるんですね。規制で表現が大人しくなるんでしょうか?詳細は不明ですがアジア版を持っている私ですがストーリ把握のために日本語版も買ってみようかなと思っています。

2作目の出来栄えは「正直、まぁまぁ。」 良くも悪くもなく、前作そのままの世界観をきちんと引き継いで正統に続編を作った感じ。1作目のファンは満足できる内容です。このシリーズは伝統的にグラフィックがあまり美しくありませんがそれはそれ。戦闘の楽しさを満喫するのに充分我慢できる範囲です。 力強くお勧め出来るタイトルではありませんが、正統派ホラーFPSと聞いてワクワクする人は買いかと思います。SLO-MO(時間の流れをゆっくりに出来る能力)があるので難易度は低め。 私は楽しめました。

・・・。最近情報が消えました。販売はなしかも?

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, PS3, XBOX360 タグ: