アーカイブ

‘RTS’ カテゴリーのアーカイブ

無限航路 DSで初めて「ちょっと夢中」になるゲーム

2009 年 6 月 13 日 Comments off

NINTENDO DS 

私、大画面高精細なゲームが大好きで、グラフィックが美しければそれはなにより嬉しいタイプだし、携帯型のゲーム端末でチマチマ遊ぶのはどうも好きになれず。 ガンダム・戦場の絆ポータブルの場合も全く無反応な感じで楽しめずでした。 が、、、

この無限航路、なんとなくちょっと夢中な要素が一杯です。 「キャプテンはーロックの、アルカディア号が出てくるようなゲーム」なるほど・・・料理長や機関士やらを配置してパラメータを持たせる事であのアルカディア号の登場人物が集合するような、「戦闘以外の要素もあって、裏方も一体となってバランスをとり、自分だけの戦艦を作る」っていうコンセプトなんだな。

戦闘自体は単純なので戦闘に楽しみを見出すというよりは、「戦艦の設計をチマチマと楽しむ」ゲームで、戦艦の新しいパーツや新しい乗組員をスカウトする為に宇宙を旅しているという「究極自己満足ゲーム」と思われる。

しかし、戦闘はタイミング等を間違えると極ふつうにゲームオーバー。最初の戦闘から連続ゲームオーバーを経験させられるので、パーツや乗組員の構成を嫌でも最初から考えさせられるゲームだ(ここで挫折しちゃうともったいないですよ!)

銀河英雄伝説というより、キャプテンはーロック。 そんな感じで2時間PLAYしちゃいました。

Retweet
カテゴリー: RPG, RTS, Nintendo DS タグ:

ブラザーインアーム 最新作 ヘルズハイウェイは旧作と違うゲーム感覚だった。

2008 年 11 月 23 日 コメントはありません
ストーリー重視のようで、第二次世界大戦のD Dayの雰囲気が伝わる。

ストーリー重視のようで、第二次世界大戦のD Dayの雰囲気が伝わる。

ブラザー イン アームズ ロード トゥ サーティーという旧作から、今回の新作ブラザー イン アームズ ヘルズハイウェイと、基本的には全く同じゲームシステムを使っている。

自分は1~3つのチームを率いてそれらを効率よく戦場にリアルタイムに配置して敵を威嚇しつつ、敵の側面に回り込み殲滅する。逆に的も、こちらを威嚇しつつ、こちらの背後に回り込もうとする。というゲームで、旧作品はとても好きな作品でした。しかし、近作品はよりカジュアルな方向になっているような感じがして、コアなゲーマーとしては少し寂しい気持ちです。

旧作品ですと、敵が積極的にこちらの背後に回ろうとする場面が多く、良く敵の動きを見ていないと突然横から撃たれてゲームオーバーという事が頻繁にあったことと、「狙ってもなかなか当たらない」という当時のマシンガンの再現なのでしょう、そういう設定になっていましたが、今回は比較的、敵はおとなしくなっており、マシンガンもそこそこ当たります。また、敵が手りゅう弾をこちらに放り込む事がありません。少し前作よりカジュアルになったような感じがあります。

こちらは手榴弾、バズーカチームを駆使できるのでこちらに積極的な意思があればこれらを使って敵を粉砕するには地形のどの部分を利用して攻めるかを構築してガンガン攻める事が可能です。ただし、敵の命中率も低いものの野原を駆けていると死にますし、遮蔽物があってもカバーポジションに居ないと割合敵の弾が飛んできます。

積極的な意思がなく、戦場を眺めていると、膠着状態の戦場はどこか牧歌的な雰囲気があって、オランダの田舎町、風車を囲みながらパンパン、ダダダダと「あぁ、第二次世界大戦のひとコマは本当にこんな風なんじゃなかったか?」と思えてきます。

のどかな田舎町、羊などがウロウロしている(羊のグラフィックスは酷いが良く雰囲気がでている)

のどかな田舎町、羊などがウロウロしている(羊のグラフィックスは酷いが良く雰囲気がでている)

電子的な要素が無いので、ゴーストリコンなど電子戦のスピーディーな展開やマーセナリーズのようなドタバタ爆発展開はなく、前作に続きひたすら銃を持ち、敵と相対するという地味な作業が繰り返されます。また、敵がある程度の距離から撃ってくる為か、敵の位置が遠くにいると判りにくくなっています。これも本来の戦場の雰囲気が良く出ているのではないかと思えます。制圧ゲージという敵の頭の上に丸い円グラフが出て、これが赤色~灰色に変わると敵を制圧したことになり、しばらく撃ってこなくなるのですがこのゲージ表示をOFFにして遊ぶと一気にリアリティを感じる事ができますので、お勧め。

グラフィックは綺麗ですが羊などは酷くてこだわりはここには無いようです。銃声や現場の雰囲気はとても良く表現されていると思えて特に不満になるような事はありません。途中で戦争のむごさを表現するようなカットシーンや風景に出会いながらゲームを進めていく事になりますので、ゲーム制作側は、「第二次世界大戦」の「マーケットガーデン作戦」を忠実に再現しようという意図がプレイヤー側にも感じられる良作、映画のような作品にしあがっています。今のところは旧作をシンプルにアップグレードさせた作品だなという感想で、旧作が本当に大好きな私としては、「もう少し早くリリースできたんじゃないかな?」と思います。ユーザー受けを狙ったのか?ヘッドショットが決まるとスローモーションで再現されたりと、アーケード寄りな演出が追加された処など、ゲーム設計をどのゲーマー層にあわせるべきか?に悩んだのではないかと制作側の事情なども推測してしまいます。日本版は完全日本語になっているようでストーリーを追うにはイイですね。海外版は血がでたり手りゅう弾で足が吹っ飛んだりという表現が入っています。広いフィールドでの戦闘になるので可能な限り広いディスプレイで遊ぶとゲーム感そのものが変わってきます。大画面での迫力プレイが出来る人は田舎町で起こった惨劇を追体験できると思います。

ともあれ、通常のFPSではなくチームを指揮して進めていく事に楽しみを見出すべき作品の基本はブレていません。良い作品です。恐らく、日本ではあまり売れないんでしょうねぇ。こういうの人気ないですもんね。

Retweet
カテゴリー: FPS/TPS, RTS, XBOX360 タグ:

銀河英雄伝説 DEMOプレイ ランクA ようやく!

2008 年 11 月 1 日 コメントはありません

なかなか、ランクDから上に行かなかった PC版ソフト「銀河英雄伝説」ようやく、同盟軍を蹴散らしランクAに?!

(DEMOの説明を見ていると「ランクSを目指せ!」とあるが気にしない)

このゲーム、RTSジャンルだと確信しているのですが、DEMOではなく通常のゲームでは、シミュレーション(いわゆる、ウォータクティクス)の要素も少しはありそうで、お金と時間があれば購入したい作品。なにより、原作が好きというのが一番の理由ですけどね。

この画像、証拠写真です!DEMOでランクA取れました~。

ヤンが出てこないのが寂しいデモですが、手軽に出来て無料で楽しめちゃいますから、是非皆さんもどうぞ!

ただし、そこそこPCのスペックが必要ですね。

これ、ひょっとして人気でたらXBOX360で発売されるのでは?

 

 

ご報告まで(^^;

Retweet
カテゴリー: PC game, RTS, シミュレータ タグ:

銀河英雄伝説 RTSがPCで発売されていたんですね!

2008 年 10 月 25 日 コメントはありません

銀河英雄伝説、原作が大好きな私は小説・アニメともに制覇しているのですが、PCで「銀河英雄伝説」というゲームがあったのです!今までの銀河英雄伝説は「重たい」、ゲームで敬遠してました。重たいというのは、それこそ戦略をしっかり考えて、じっくり遊ぶ「ターン制のウォーシュミレーション」(大戦略みたいな奴)タイプだったんです。

しかし、今回はデモ版も用意されていて、デモを遊ぶ限りでは「RTS」(リアルテイムストラテジー)要素が大きく、というか、RTSゲームに変身しています!!これは、製品版が欲しい!と思い、AMAZONをチェックすると「在庫切れ!?」隠れた名品か?今はデモであそんでます!ただ、どーしても、評価ランクがDから上がりません!誰か、教えて!ランクAになるのはどーしたら??

興味ある方は、是非体験版DLを!

原作も20年前になるんですね。20年たっても面白いですから、こちらもお勧め!

Retweet
カテゴリー: PC game, RTS, シミュレータ タグ:

トムクランシー エンドウォー 開発にかなり力が入ったらしい(英語インタビュー)

2008 年 10 月 19 日 コメントはありません

我慢してご覧いただければ、Movieの終了あたりではゲーム画面がメインになっています(^^
開発に、3年半から4年間かかってる。PCゲームとコンソール(家庭用ゲーム機)にもってくる事と、そもそも、ストラテジーゲームってなんだ?多人数参加型ってなんだ?という部分から練った結果、PCゲームプレイヤーの持つ「神の手」、つまり、100以上のキーボートと、マウス、他のオプション入力機器を高速に操るゲーマーの神の手を、家庭用ゲーム機に持ってくるという課題と、「本来、高速に手を動かす事じゃなく、「司令官になってゲームを楽しむ」事を目指した」結果、ボイスコマンダーを採用した。とのこと。もちろん、ゲームパッドで全部入力できるが、同じ事を声で全部できる!

インタビューに答えている人の話し方が「熱い」ですね。ゲームを作る。という「仕事」を真剣にやっていて、楽しんでいる感じがしてつい、取り上げたくなります。なんと、PSPやDSも出るようなことを言っています。(ゲーム性は違うけど)

E3(世界的なゲームショー。東京ゲームショー世界バン)のインタビューよりも、UBIDAYS2008というUBIソフト専用の展示会でのインタビューの方が熱い!E3の盛り上がりが今年は欠けていたようですが、各パブリッシャー独自の展示会が逆に注目されだしています。ゲームショーというビジネスも簡単ではないんですね。ゲーム業界は右肩上がりですが、ゲームショーは横ばいか、下降しているようです。

それにしても、このゲームは、物理エンジンやグラフィックエンジンも独自につくった風な言い方をしている部分もあります。どうなんでしょうね。デモをPLAYした限りでは、多少あれ?と思う面もありました。倒れた電柱の上を走ってもすりぬけたり。(苦笑)しかし、ゲーム自体非常によくできている印象を持ちました。マルチプレイヤーは8名まで。自分の部隊は経験によるアップグレード要素がある。 注目のタイトルの一つに!!
Xbox360,PS3,PSP,DSで発売するそうです。年末商戦になるでしょぅ。

ちなみに、2011年第三次世界大戦がストーリーです。 

Retweet
カテゴリー: RTS, シミュレータ タグ:

TOM CLANCY’S END WAR 声で指示するRTS

2008 年 10 月 19 日 コメントはありません

XBOX360で、デモ版が配信されていましたので早速PLAY!

このゲームは「声で味方部隊に指示を出して敵陣を占領していく」リアルタイムウォーシュミレーション。最初はFPSと思ってダウンロードしたのですが、RTSでした。仕方なくPLAYしてみると意外な快感!

ヘッドセットをつけて、マイク越しに「第一部隊! B地点へ 移動せよ!」と叫ぶと、ヘッドホン越しに「イェッサー」、指示が認識されないと「それは出来ません!」と怒鳴られる。

これ、やってみると結構イイ感じで、指示を次々出せるし、好きな部隊を自分が操作できるのもイイ。販売前で、予約もまだできないみたいだけど、これは注目!

ただ、割合大きめの声を出さないと認識してくれず、ディスプレイの前で徹夜明けの朝に一人怒鳴っている姿わわれながらなんとも哀愁と狂気(狂喜?)を感じずにおれず。チーン。

音声認識による指示出しゲームはほかにもあったように思いますが、私が実際やってみたのはこれが初めて。デモ版のPLAYで、同時に指示できる部隊が10程度で、都市も6程度。それでも、どの部隊がどこに居て何やってるかが頭の中でパニック!脳の刺激にはうってつけかも?アハ

Retweet
カテゴリー: RTS, シミュレータ タグ: